母校の新聞に…

母校の新聞に『がんばっている卒業生?』で記事掲載依頼が来て、ただいま、原稿を悪戦苦闘しながら書いてます。。。

何と、母校の校長は現在、私が野球をやっていた頃のコーチがやっているらしく、普段なら講演とか取材とか苦手で、速攻で断る案件なのですが、学生時代にお世話になった学校と、校長のお役に立てるのであれば・・・と頑張って執筆してますが、文字制限のある文章ってとっても難しい。。。(^^;

※写真は掲載予定のショールームの様子。顔写真も送らないといけないのですが、何枚とっても微妙で困ってしまいます。。。(^^;

サラリーマンでは絶対わからない事…

そろそろ経理業務も卒業を考えてたりしますが、社長兼経理をやっていると、企業の一社員としては絶対気付かない点に多々遭遇します。

社員の市民税は毎月社員の給与から預り金として、給与から差し引き、市に市民税を支払うのですが、この周期が毎年5月~って事で6月分の支払いが前年度と金額が変わっていたので、一応知識的に市役所に問い合わせてみたら、

“個人の収入によって増えたり減ったりする・・・”

って内容でした。ま、そりゃそうだし当然…をこまでは分かるのですが、今年は社員の給与は据え置きだったため、

“所得変わってませんよ?”

と聞いてみると、調べてもらったら社会保険料が変わってるので変動したとの事でした。

社会保険料が市民税に影響するのか。。。

まー、お国が決めてる事なんで従うのみだし、別に大したことではないのですが、サラリーマン時代はこんな金額の変動なんて気にもしなかったなぁと、経営をやっていると視点が全然違う事に気付きます。

特に会社を作ってからは、そういう些細な知識を掘り下げると意外と楽しい。

日々勉強です(^^;

難しい事やってます…

まだ細かい内容はお伝えできませんが、ここ数カ月、海外絡みの案件で、難しい事を色々とやっています。

今までは海外案件はその専門部署に難しい事はお願いすれば良かったので、言葉が通じないくらいの悩みでしたが、全部自分でやらなくてはならない今、言語の違いはもちろん、国民性?法律の違い?双方の国と国との取り決め?などお勉強する事が沢山。

ただ、会社を作ってから発見したのは、自分はわからない事や難しい事を開拓するのが苦にならない・・・という事です。

何というか・・・好奇心が旺盛なんだと思います。

あと、自分ってお仕事が好きなんだと。。。ま、代表となってしまえば楽しい事だけやってるのでサラリーマンの時みたいな日々嫌な事も無いのですが。。。

毎年、色々とチャレンジしてますが、今回もなかなか大きなチャレンジ。

上手くいくといいな。

今年の大きな挑戦!

会社を立ち上げ、ブランドを作ってから、海外からの問い合わせも来ていて、弊社商品を取り扱いたい、購入したい、木製をバットを作れます…など、色んなお話が来る中で、決してそういったお話に後ろ向きな訳ではなく、進めていくうちに、やはり言葉の壁だったり国を越える事での壁にぶちあたり諦める事が多かったのですが、今年に入って、海外のある国より弊社ブランドを取り扱いたいとの熱いメッセージをいただき、また、その国の語学力に精通している知人がいたことも

あって、今回は本気で取り組んでみようと進めています。

とはいえ、海外とは以前のお仕事でデザインや貿易の経験もあったので、国境を越えた難点なども少しは理解しています。

デザインで言えば、色・・・これは国によって捉えている色味が違ったりします。

サンプルとして定番商品とオーダーをいくつか貰ったのですが、やはり色味について少し認識が違いました。

次に商品の発送。

発送方法は色々あるものの、比較的安くて早く荷物を届ける事ができるEMSの航空便。ただ、価格的には国内の4倍くらいの輸送費がかかります。(今回お届けする国には4日程度)

次に国際小包航空便。こちらは国内×3倍の輸送費で、お届けは2週間ほど。

もっと輸送費を落としたい場合には船便。こちらは長いの2か月くらいかかるとの事。

今までは、あまり関わる事がなかった海外とのお仕事。

せっかくの機会なのでがんばってみようと思います。

遂に海外進出!!

ビーイーブランドという弊社主力商品ですが、今までアメリカやドミニカなどから取引らしき問い合わせもあったのですが、どうしても言葉の壁により敬遠していたのですが、今回は相手会社様の強い要望により、思い切って挑戦してみました。

まだ本契約していないため、相手情報は伏せますが、現地語学能力のあるスタッフがいたため、間に入ってもらい現在進行中です。

そして…実は貿易会社の実務経験もあったので、海外への荷物の発送系も航空便・船便等多少知識があったため、今回はEMSで発送するため準備しました。

EMSは意外と簡単でパソコン上で詳細を登録、プリントアウトし、郵便局に持っていくだけ。

何事も挑戦ですね~

そのうち貿易もする会社になるのか?還付をもらうために定款登録修正が必要だな。。。笑

漫画連載スタート

今年から、漫画連載のお仕事がスタートします。
とあるゴルフ場のルールについての漫画で、ネタやストーリーその他、ゴルフ豆知識など、全ての企画提案も含んだ毎週1話の締め切りなのでなかなか大変ですが、こんな時ほどキャディー経験が生きます!(つかキャディー経験があるからいただいたお仕事ですが…)

隔週で夏くらいまで連載予定ですが、ゴルフ場のスタッフと打ち合わせするのも楽しく、こういう楽しいお仕事を増やしていきたいな。

最近はデザインのお仕事が非常に多いですが、手に職があると色んな意味で強いな・・・と改めて思うのでした。

会社設立4期目突入~

まだ決算処理がおわってませんが、12月に入り会社設立4期目を迎えました。

以前より独立したいという願望があり、経営に関する書籍を読み漁っていた時に、毎日相当数の新会社が立ち上がってはいるものの、その会社が5年生存している確率は数パーセント(数字は忘れてしまいましたが当時の消費税3%より低かったような)という内容を見て、事業を起こすのは大変なんだな。。。と思ったのをよく覚えています。

あと2年で5周年突破するので、まずはそこを目標に頑張ります。笑

今年は大きな事業を展開するのにあと一歩まで迫ったのですが最後の詰めが上手くいかず商談がまとまらなかったので、来期も色々と失敗を恐れず挑戦したいと思っています。


今年一年、ありがとうございましたm(__)m

※※※年末調整要注意!!!

ヘルプデスクにて昨日悩みまくった問題が解決!!
そういえば同じことを去年もやっていて、履歴残してなかったのでまた引っかかるという…

<給与支払い報告書>立川市提出(eLTAXで提出できます)
・総括表⇒前期の書類より
・払報告書(個人別明細書)

これ、eLTAXのシステム上、1/4移行じゃないと送れない仕様になってるようで、そういや、去年も同じとこで悩んだ記憶が…

今度は履歴残したので大丈夫でしょう。

・・・そしてeTAXウェブ版は…ウェブ版が新しいマイクロソフトエッジのシステムに対応してないとかで…
①スタートボタン
②Windowsアクセサリ⇒Internet Explore
のインターネットエクスプローラーを立ち上げて解決。

しかし…電子申告は大変。。。(^^;



年末調整

何で毎年こんなに、決算・年末調整・確定申告は覚えてないんだろ…ってくらい混乱するのですが、3期目の年末調整もやっと手を付けられる状態になったので終わらせようと思ったら何も進まず…(^^;

まず年末調整はこの4つ。

※個人と法人でいつも混乱するが、この処理は“法人識別番号”

<給与支払い報告書>立川市提出(eLTAXで提出)
・個人別明細書
・総括表
——————————————
①eLTAX立ち上げ
②申告に関する手続き
③識別番号でログイン
④個人住民税
⑤給与・年金支払関連⇒給与支払報告書・源泉徴収用及び合計表
——————————————
<源泉徴収>諏訪税務署(etax ウェブ版)
法定調書
源泉徴収票
——————————————

——————————————

そこでeLTAXを立ち上げて、総括表・個人別明細書を無事記載。そこからこの書類に電子署名して・・・送信!

のはずが、国税を送信の際に利用者識別番号を聞かれて、そこから先がわからず終了。

じゃこっちはわからないので、一旦保留として、源泉徴収のetax Web版に・・・

うーん。。。申告・申請・納税ボタンが押せない。。。

これは薄っすら覚えてるけどetax web版は営業日じゃないと稼働してなかったような。。。(今日は日曜日)

と言う事で…何も進まず。。。

もう今年もあとわずかなのに終わらない…(´;ω;`)



3期目の決算は・・・

毎年身構えてしまう決算ですが、ほぼ順調に終わり、流石に覚えてしまっているので記録に残すほどの事は無かったので、今後は大丈夫かな?
ということでブログに書き残すのも今後はやらなくて良いかと思ってますので、悩んだ内容だけ記録しようと思います。

今期で限って言うとココ・・・

———————————
【添付書類.txtの書き出し】
〇弥生会計 起動
 ・[決算・申告]メニューの[決算書 e-Tax・XBRL書き出し]をクリックし、
[決算書書き出し]をクリック
○E-tax組み込み
 ・帳簿追加⇒財務諸表⇒財務諸表ダブルクリック⇒組み込み⇒吐き出したXBRL追加
———————————
ここの詳細が無かっただけに毎年やっていた組み込み方法がわからず…

と言うことで決算関連は無事終了~

3期目も無事、存続する事が出来まして感謝でした。