木製バットの初陣

2018.07.16

今期より取り扱っている木製バットですが、製作開始してから1年を経てやっと市場に投入した訳ですが、硬式の木製バットに関しては、私の知識が無さすぎて正直目指す先すらわからない…

そんな中、同じ信濃(長野県)仲間?であるBCリーガーに協力してもらい今月より公式戦デビューをしております。

バットは素材によって大きく性能が変るのですが、青タモという木製バットとしては最高の素材は伐採による資源減少により、プロでも使う事を控えてるという状況…また貴重な事から1本2万を超えてしまう状況・・・

そんな中、弊社としては北海道に多い“シデ(四手)材”に注目しまして、その試作品が旅立っていきました。
その結果・・・

———————-独立リーガーより———————

どーもー!!
バット使ってみました!
シデがなかなかいい感じでかなり気に入りました!
昨日試合前に使って調子が良かったので試合でも使ったらホームラン打っちゃいましたよ!
シデは、弾きも良くて音もいいし打った感じも結構好きです!!

——————————————————————–

そして・・・現在3試合を消化して4ホーマーと大当たり!!
もちろん本人の実力あってのものですが、苦労して作った分、嬉しいものがあります。

まだ立ち上げたばかりの会社ではありますが、まずは儲けより、こういった行動なり、人との繋がり、そして何よりお客様を一番に考えて大切にしていきたいと思っています。

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です