ここまでくると衝撃…(^^;

前回ブログに書きましたが、本日12月7日に法務局に電話しまして…

登記が完了してます。

との返答をいただきましたので、無事会社が立ち上がりました!パチパチ!!

と喜ぶはずだったのですが、テンションも一気にダダ下がり。。。

と言うのも、登記が完了したら、税務署や県税事務所、市町村役場に書類を色々と提出しなくてはいけないのですが、それらには“管轄”というものがあって、長野県茅野市設立の場合、法人設立は“長野地方法務局”、定款なら“諏訪公証役場”などそれぞれ提出場所が違うため、法人登記完了の電話のあと、この会社の場合、その後の書類を提出する管轄などを教えてもらおうとしたら・・・

その質問には答えられません!

いつものやつや。。。

この地方の閉鎖的な対応って何なんだろ。。。もう過去に間違って対応したために訴えられ一貫して教育してるレベルとしか考えられん。。。

ちなみに東京だと“それは何処何処に聞いてみてください”とか丁寧に教えてくれます。

後々長野に税金を納めて利益をもたらす会社になる可能性もあるんだから、そういう細かなフォローくらいしてくれればいいのに…

今後、税務署には相当お世話にならないといけないので地方の対応が心配になってきた(;^_^A

やっぱ東京に会社を作るべきだったのか?

やべー…ここ愚痴の吹き溜まりになってきた。。。(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です